弱気で心配性な外資系営業マンの日誌

弱気で心配性で庶民的な外資系営業マンの日誌です。雑談記事の更新頻度が一番多いですがあしからず。

1.5

外資に飛び込み早1年半経過。相変わらずプレッシャーとタスクにまみれ、目まぐるしい日々を送っている。1年前は本当に地獄だったので、その時からすると考えられないが、なんとなくでも結果は出せてこうして生きながらえている。

 

結果でしか見られないからだ。

 

どんなにしょぼい案件の積み重ねでも結果は結果。ラッキー案件をたまたまGetしても、私がドライブしなくても、それは私の功績になる。これ以上下回ったら首(PIP 業務改善プログラム)のバーがあるのだが、流石にそこまでは落ちることはなさそう。だから怒られながらも、詰められながらもコツコツ積み上げることで、だいたい回避できる。パワハラで耐えられなくなるか、周りと自分の実力差に落胆し、居づらくなるか、数字がいかなくて死ぬか。の順番。と分析。

ちなみに今はとても居づらい。最下位のため。前期はOverしていたので、安心感があったが、成績悪いとこうも居づらいのか。。と実感している。

 

もっとも成長意欲はあるし、できる営業になりたい。数字を上げたい。功績を残したい。何か成し遂げたいというマインドは根っこでもっている。

まだまだやれる。自分自身の希望は捨てない。

 

1年半やって追加でわかったことは、これまでのアプローチ、営業手法では限界があるということ。なかなか大きい案件、定期購入予定のお客様もない。小〜中の案件をいつも数珠つなぎ気味のサイクルを繰り返しているが、限界に近い。

 

理由は明確にわかっている。SIer時代の癖が抜けず、めちゃ現場寄りのスタイルだから。SIer時代、お客様の愚痴を散々聞いてきた。何故こうもお客様の心がわからないのか。。なんて甘っちょろいこと思っていたが、今考えると役割分担を理解できていないだけであった。知らんところで大きな仕掛け、話をしていて、それが落ちてきてプロジェクトがある。

私のミッションはその上流の仕掛けをTOPにしなければ行けないのだ。現場は大事、しかし大きな数字は上に行かないと決まらないし、上を抑えないとひっくり返される。たまたまSIer時代はめっちゃパワーがあるお客様現場担当だったので、その人押さえれば8割勝てていたが、一般的な例とは全くことなる状況であることを思い知らされた。どこかでいや、Newスタイルでこれで上手くいくのかもなんて思ったこともあったけど、上に上にというアクションは営業マンならやって然るべきクラシックな手段なのだ。なので上層へのアプローチが課題だ。何を求めているのか。どんな話が好まれるのか。資料のテイストはどうするか。どういうアポ取りが良いのか。きっかけはどうする。とか。

 

資料に関してはテンプレ使い回しではどうにもならない。自分らしさと会社としてのバランスが絶妙に難しい。ただそのプレゼン資料を試行錯誤し考えるのはとても好きな時間だ。Kindleでプレゼン資料の作成のコツやルールの本を買い読み漁ったり、スライド構図を考えまくることはとても良い時間だ。

しかしそればっかりやっても結局数字にはならないのが辛いところ。泥臭いテレアポ、状況確認、コツコツ積み上げもこなしつつ、大きな仕掛けをしていくこのワークバランスと社内都合のあれこれを片付けるのが大変。

 

確実に言えるのは1年前よりは確実に小さな一歩だけど、営業として前に進んでいる。この場所にいれることで今までやったことない経験がつめる。前の会社にいたらふんぞり返ってえらそーにしている自分の姿があっただろう。まさに井の中の蛙大海を知らず。だ。

  

全員年も実力も上の状況は変わらないので、その方々から指摘受けると、「ああ、そうなんかな」と思って受け入れてしまいがちな癖は治っていない。でも外資ではなおさら「俺はこう思うねん!」と言えないとやっていけないのだ。

結果自分の言っていたことが正しかったなんてオチは多い。

 

相手は同じ人間、失敗しても死なない。ちょっと嫌な思いするだけ。

 

多分私はビビっているだけなんだと思う。平たく言うと。

 

 

変わる。やれる。自分なら。

 

自分に言い聞かせる。

 

 

ちなみにこんな本参考にした。

www.amazon.co.jp

 

 

弱気な外資営業の物語は続いていく。

 

 

つづく。

KLC #4 採精に関する愚痴

早いもんでKLCでの2回目のトライ。梅雨も開けて炎天下の中、今回は9時チェックイン。前回より若干遅め。

 

嫁さんは受付済ませて、一足先に採卵準備へ向かいました。私はひたすら待ち。現在進行形だけど多分また1時間程度だろう。

 

不妊治療の男目線の日記なので、待ち時間の間、採精に関する愚痴を。

 

採精については女性の採卵と異なり、なにも麻酔されてチン棒に注射針を刺すわけではなく、専用の容器へ銃弾を放つだけ。

 

原理原則的に性的興奮をしないと、その行為に至れないわけで。

もう含みで書くの面倒なので、わかりやすくかいていくが、自慰行為して精液を出す、それを容器にいれて、提出する。勿論ダイレクトに容器に入れないといけない。

 

前回綴ったようにクリニックにより、個室の中にあるオカズ(エロ本、AV)を用いて自慰行為を行う。

 

 

 

愚痴その1 オカズがねぇ!

そうなんです…ない場合があります。前行ってたクリニックは採精部屋2つ。初回はエロ本ありましたが、コロナ影響でなくなりました。

つまり、自力で準備するしかないんです。幸い私はデジタル強いし、Fanzaユーザーなので、スマホあれば問題ないですが、これ、持ってない人やクラシックにエロ本、ディスク派の人もいるでしょう。どうするんだろう。その場合奥さん出張るのかな…

 

愚痴その2 気分がのらねぇ

さっきも書いたけど、不妊治療で体外やる時って大体早いんですよ。9時とか10時とかに採精するわけです。普段なら恋人、嫁さんとそれなりの雰囲気があって、徐々に…という感じだと思うが、こと治療に関してはその余韻はまったく不要。必要なのは精液だけ。

 

対して広くもない慣れない個室に、普段そんなことしない時間帯に、雰囲気ゼロで、

「ハイドウゾコレツカッテヌイテクダサイ」

 

これって結構男性側として辛いこともあるのよ。とお伝えしたい。

たまに出せない人もいるみたいだけど、どうぞ責めないでくださいな。

KLCの前のクリニックではマジで出なくて焦ったことがあります。椅子もないような一畳の納戸みたいなところでやったことあります。

一度逝ったけど、量が全然でなく、もう一度勃たせてなんとか出しました。勿論、美人の看護婦さんが手で手伝ってくれるなんてのはAVの世界だけです。

 

 

愚痴その3 難しいねん

さっき書いた通り、ダイレクトに容器に入れないといけない。これが何を意味するか。

オカズの準備はクリニックによりまちまち。しかしながらオカズがあるといっても、好みがあるかは別のお話なのだ。

つまり、設備がない、あるいはあるけど

「いつもフィニッシュはこれに決めてるンだわ」

って人は自前のスマホでオカズを鑑賞しながら自慰行為をする。私は最近FanzaVRがお気に入りだ。そして私は右手が利き手だ。つまり左手で動画を見ながら、右手で自慰をし、最後には容器に入れないといけないわけだ。

タイミング誤った場合はアウト。容器に入れられないとおしまいだ。かといって安全を気にしすぎると、完全にイケないし量が微妙。容器開けて置くのは埃とか入らないか気になるので嫌だし…。

だからあらかじめ容器のフタ空けておいて、ギリギリキワキワのタイミングで携帯を投げ捨て、フタどをどかして入れないといけない。

 

忙しすぎる。今まで気持ちよく爽快感のあるフィニッシュした記憶がない。

 

とどうしようもない文句をたれてみる。

 

差し込んでそのままイケて、そのまま渡せるようなTENGAの延長線の容器作ってくれないかな。コスト的に無理か。笑

 

 

 

さて、嫁さんの採卵が、無事終わったようです。呼ばれたので、採精に行ってきます。

 

 

つづく

 

KLC #3 初回結果

前回の振り返り

精子の質 問題なし

・卵の質 問題なし

 

出会いのきっかけはOK。

あとはちゃんと出会って次のステップ(分割)いったか。

結果は翌日知らされる。メールで。 

 

 

これも突破。

グレード:上から2番目。均等に分割

 

後日嫁さんKLCへ単騎出撃し、戻す。

 

 

 

 

以上、振り返りおわり。

 

 

 

結果はダメでした。

KLCで案外サクッといくのかもなんて淡い期待を持っていたが、初回の成功報酬チャレンジはあっけなく幕を閉じたのだった。幸いダブルインカムなので、まだ金銭的な余裕はありますが、それでもここでだめなら後がないようなそんな気持ちになる。

 

ちなみに今回は17万円ちょいくらいでした。

次は通常のプランなので同じ分割胚まで培養し、移植しても10万円ほど上がります。

凍結しなくて良い分、まだ価格的には低いほうですが、それでも30万円強かかる。

勿論それ相応の知識技術があっての価格であることはわかりきっているが、本当にタフな戦いだ。経済面、精神面両方削られる。より二人三脚を強めないといけない。

 

 

ただ、出会いさえすればちゃんと受精することまではわかった。着床という次の関門。

本当に上手く行かないね。通う負担が少ないうちに妊娠できることを祈る。

 

 

ご参考までに

www.towako-kato.com

 

 

まだまだつづく。

 

#23 進む工事、行けぬ現場

6月の地鎮祭の記事から早くも1ヶ月。

 

地鎮祭の後気になって現地見学にいくと、同じ分譲区画に住む予定のご近所さんがまさかの大集合。奇跡。

 

ちなみにそのうち一区画は住友林業で同じ担当営業さんというミラクルつき。噂は聞いてたけど、初めてご挨拶。結果顔合わせみたいになったが、良い方ばかりで良かった。

 

f:id:Dtrrrrrrr:20210711011044j:plain

フェンスから覗いた我が家。

 

 

そして先日の大雨で現地に行けなかったり、仕事が忙しく大工さんとの顔合わせが遅れに遅れて、気がついたら基礎工事が終わっていた。

f:id:Dtrrrrrrr:20210711011303j:plain

 

 

そして、上棟。普通は立ち会って、差し入れするのかもしれないが、仕事がパンパンで私も嫁さんも立ち会うことができず。

 

生産の方から写真だけ送られてきてそれを見守る日々が続く。

 

ここまでほったらかしも珍しいのではなかろうか。

 

 

気がつけばきこりんが降臨し、屋根がかかり、木ずれパネルがついて、窓の形や位置もはっきりとわかる。

 

f:id:Dtrrrrrrr:20210711011408j:plain

 

地鎮祭から一ヶ月。組み上げるだけとは聞いていたけど、早くて驚くね。

 

これから外部→設備→内装。

 

いよいよ、今週ご挨拶。

 

 

雑ですがつづく

 

Google「Amazon 配達完了 届いてない」

Amazonって便利ですよね

 

気がついたら頭から足先までどっぷり浸かっている

 

ワンクリックで頼んだものは翌日には届く

 

素晴らしい時代

 

でもそんなAmazonでもイレギュラーは起きる

 

私はローランダーとしていらないものを捨てて

 

買うものを厳選し、自宅の美化を推進している

 

今回対象となったのはプロテインケースだ

 

プロテインの袋はかさばるしスタイリッシュじゃない

 

私は飽きっぽいのでココアと波動拳風味を交互に飲んでいる

 

価格にして¥1,000円安い買い物だ

 

仕事に追われふとAmazonの注文履歴確認

 

ステータスをみると「完了」

 

宅配BOX内に投函完了

 

ほう

 

早いね

 

20時仕事も一区切り

 

下の宅配BOX確認

 

「ない」

 

不在票は

 

「ない」

 

ステータスもう一度確認

 

「完了」

 

What’s Up??

 

えーっとどこから調べりゃいいんだ

 

まずはググる

 

Amazon 配達完了 届いてない」

 

まとめると

 

配達先確認しろ

置き場所確認しろ

家族に聞いてみろ

 

いや、俺も嫁さんもずっと家におったし

 

どこ探してもない

 

調べるとカスタマーサポート電話番号発見

0120-899-068

 

Dtrrrrrrrrrrrrrr

 

ハイアマゾンカスタマセンタデス

ニホンゴノバアイ1ヲオシテクダサイ

オテモト二フザイヒョウヲゴヨウイクダサイ

バンゴウヲイレテクダサイ

コノバンゴウハハイタツズミデス

ゴリヨウアリガトウゴザイマシタ

 

f:id:Dtrrrrrrr:20210528165007j:plain



不在票はなくてもトラックIDあるから入れられる

ただ、それ以上でも以下でもない

完了は完了なのだ

 

直接サポセンと会話することはできないのか

 

気が短いのでぱっと見当たらないとイライラする

 

そして片言の電子的な日本語がイライラに拍車をかける

 

別に¥1,500なので、もう一度注文してもいい

 

でも、お金じゃない

 

きれいな収納、ローランドへの一歩

 

これが滞ることがアカン

 

調べ方を変え、「Amazon チャット」で検索

 

するとTOPに見たことないリンクが

 

Amazon チャットサポート

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/contact-us

f:id:Dtrrrrrrr:20210705220330p:plain

 

ちなみに、電話もあるようだが、チャットが良かったのでオススメしておく

 

今すぐチャットを始めるを押す

 

最初はCHATBOT、次に日本語使える中国の方、最後に日本人登場

 

24/365のサービスだそう

 

状況を伝えたら、返金か、再送付か選べるとのこと

 

「再送付」でと回答

 

OK、明日届けます

 

注文履歴を確認すると

 

¥0で同じものが注文されたことになっている

 

お届予定 明日

 

・・・

 

ゴタゴタ言わない姿勢

 

即返金or再送付の対応

 

いいね

 

後はもう少しホームのところからわかりやすく飛べるようにしておくれ

 

このサービスがあるなら使い続けようと感じた

 

似たような境遇の方の目に留まることを祈る

 

 

おわり

 

代償

リモートワーク始まり1年半。

 

f:id:Dtrrrrrrr:20210617204749p:plain

 

こんな環境で朝から晩までPCと向き合ってます。

夏はサーキュレーター必須です。

私の部屋クーラーないので、日中は汗だくになりながらやってます。

移動の手間ないのはいいですし、効率的ではあるのだけど、仕事量は増えた。圧倒的に不健康になった。

 

 

・運動不足

・増える食欲

・減らない体重(当たり前だ)

 

ダイエット!!というものはしたことないけど、とある閾値(感覚)を超えると自動でアラートが飛び、それなりに節制したり、運動したり予防策をとります。

 

 

こんな感じにね

東京アラート 娯楽制限(アイス禁止)

マンボウ 炭水化物制限、食事置き換え

緊急事態宣言 上記+ランニング+筋トレ

 

 

徐々に負荷や制限を重くしていくが、どうにも身体が重たく、緊急事態宣言相当の脳内アラートが出だ気がして、1年ぶりくらいに走ったのですが。

 

 

人の身体はこうも容易く、衰えることを実感しました。

 

マスクのせいもあるかも知らないが、30分まともに走ることができず途中インターバルとりながら。たったの4.4km を30分もかけて走った。

 

今日で2日目だが、筋肉痛が取れない。取れない。

 

いつもの調子出歩くと太ももが攣る。

 

日常の歩くという行為がどれほど重要か思い知らされた。

 

f:id:Dtrrrrrrr:20210617203348p:plain

 

こんなんじゃセクロスもままならないぞ。。

 

失礼しました。

 

 

おわり。