www.パルプンテ.com

仕事から下衆な話まで色々書いてます。雑談が一番更新頻度高いです。あしからず。

始まりの土地

先日大門浜松町を訪れる用事があり、それらならばとあちこち思い出の地を仕事の合間に回った。ドラクエ6レイドックの回想を拾い集めるイベントが如く、当時お世話になった地を回った。

大門浜松町。1社目の会社で担当したお客様が大門にあった。主要のお客様ということもあって毎日通い詰めた。当時は歴史長く年季の入ったビルだったがすっかり改装、新設され輝くように聳え立っている。

商談の合間に使った上島珈琲店。昼食によく通った中華料理。そして芝大神宮。今私がビジネスマンとしてなんとかやれているのは誰がなんと言おうとこの土地のおかげだ。もし何か偉大なことを成し遂げることがあったとして、何故成し遂げられたのか?と問われたら、間違いなくこの地での下積み時代の出来事を話すだろう。

嬉しい日も、辛い日も、雨の日も風の日も。暑い日も寒い日も。色々あった。始まりは尊敬していた上司と、そして独り立ちして一人で。最後には後輩と。かけがえのない時間を大門で過ごした。コロナの影響もあってど平日に訪れたのは2年ぶりのことだった。

なんだかノスタルジックな気分になり、ちょうど10年で変わったことと、変わらなかったことというお題が目に触れたのでこの記事を書くに至った。思い出話がてら語ろう思う。

 

大門には味芳斎という中華料理というか薬膳料理やがあり、そこの激辛麻婆丼がめちゃくちゃ美味く、はまっていた。昔は11時半までに入店するとワンコインで食べられることもあり、お客様先訪問後に立ち寄っていた。

味芳斎 本店 (ミホウサイ) - 大門/中華料理 | 食べログ

支店と本店があり、支店は広く本店は狭い。10人くらいしか入れない。私はよく本店に行ってた。

当時はちょっと怖い感じのタッパのあるお兄さんが中国人のコックに檄を飛ばすのが通例。初めてだったり、慣れていないと不快な思いをする人も多いだろう。ただ通い続けると優しくなる。よく11時半回っているのに黙って500円で食べさせてもらった。他の人はちゃんと通常料金だったが、600円のつもりで1000円渡すとシーというジェスチャーをしながらしれっと500円のお釣りをくれた。そんな小粋な兄貴がいるお店だ。

この日も訪れてみたが、女性のスタッフのかたで、兄貴の姿はなかった。残念だ。

 

 

10jinja.tokyo

そして芝大神宮。勝率100%のお守り。天照大御神。細いことは省略。早い話パズドラのこの人。

f:id:Dtrrrrrrr:20211118200637j:image

社会人2年目から毎年商売繁盛のお守りを買い新年のスタートを切っていた。当時の上司はチーム全員のお守りを買って配る。上司とはチームだったから、今年もよろしくね。と私にもお守りをくれた。これが新年のルーティンだった。そんな尊敬していた上司は先に退職。私がチームを引き継ぐ。今度は私の番。15名くらいのメンバー全員分のお守りを買って配る。それが文化で恒例行事になっていた。それを続けること 5年。私も卒業。その後この文化はどうなっているかはわからない。誰かが受け継いでくれてることを願う。

転職して会社もお客様も変わってもなんだかこの地を忘れられず、毎年新年の初詣はここで商売繁盛のお守りを買うことに決めている。結果今のところ年間目標未達の年はない。私にとっての守り神だ。

これにはちょっとした裏付けもあり、知り合いの占い師に占ってもらったが、どうやら私と天照大御神さまは愛称良いらしい。その人いわきに住んでるし、別に大門で仕事してるとかそんな情報一切ないのに、アンタは天照大御神さまだね、芝大神宮行きなと驚きのワードが出てきた。いや、毎日目の前通ってるよと。

そんな巡り合わせもあるので、ますます無下にできない場所と神様なのだ。

 

 

どんなに辛くても苦しくても泥水舐めても、ぼろぼろでも立ち上がることができるのはこの地での下積み時代のおかげだ。

そんなことがあっての今だから、まだやれる、こんなところで折れてたら顔合わせられない。またいつの日か出会えた時胸を張って会えるように俺はやるんだ。と心を震わせ戦い続けることができてる。

 

10年の月日であらゆるものが変わっていったが、軸はこの場所。感謝の気持ちを胸にこれからも仕事に邁進する。

 

 

P.Sちなみに変わらずパチスロが好きです。

 

終わり。

 

 

 

#29 採用してよかったオプション

必ず一度は迷うだろうオプションについて

 

住友林業クレスト

www.sumirin-crest.co.jp

 

打合せを続けていくと必ず通ります。

オプションなのでちょいと割高ですが、良いです。そして葛藤します。標準との調和を模索してリクシルやトクラスのショールーム通いまくって、そして、ええい!クレストにしよう!となります。(私たちはなった)

今回は選んで良かったオプションの回です。

 

良かったオプション

・クレストのカップボード

・テレビボード

・洗面台

 

 

 

カップボード

f:id:Dtrrrrrrr:20211020110918p:image

散々ショールームいってトクラスとリクシルと悩んだが、結果嫁がギリギリになって、

いややっぱクレスト!

と伝え急遽変更に。TV台もクレストで造り付けのものを採用。写真だとわかりにくいが、床材と合わせるなら一択。どんなに近い色でもメーカー違うとやっぱ変わる。

 

 

テレビボード

f:id:Dtrrrrrrr:20211109075853j:image

掃除の手間が省けてとても良かったし、何より床との調和がやはり良い。

 

 

 

洗面台

f:id:Dtrrrrrrr:20211109080600j:image

唯一私が決めた。リクシル標準だったが、住んでいた賃貸マンションと同じものであった。+30000円程度という話だったので、即決。

マットホワイトで湾曲になっており、好みによるが高級感が出る。鏡の中の収納も下が網になっているなど清潔感を保つための細かな工夫がなされている。

f:id:Dtrrrrrrr:20211109080554j:image

手っ取り早くちょっとこだわった感が出したいならおすすめだ。

f:id:Dtrrrrrrr:20211109080607j:image

コンセントも隠してくれる。

 

 

 

ここからはクレスト関係なし

 

電動シャッター

悪いことは言わねえ。ウン十万するけど、つけておけ。手動とか考えられない。

 

食洗機深型

これも悪いことは言わねえ。採用してみな。

家がでかくなるということはそうじのエリアが増える。移動が増える。手数が増える。消費する時間も増える。なので、自動化は積極的に導入した方がいい。一度味わうと病みつきだ。

 

 

と、クレスト3点+その他2点がメインのオプションでした。

 

後おすすめはダイニングテーブル横のニッチかな。テーブルの上ごちゃつかないのでおすすめです。

 

つづく。

 

 

経費

f:id:Dtrrrrrrr:20211025130623j:plain

 

とある30近い女性が誕生日を親友に祝ってもらったときの話。

その友人とは小学校からの付き合いで親友関係にあった。


ある日誕生日のランチをしようと誘われ、予約されたレストランに入る。

美味しい食事に舌鼓を打ち、久々の再会で近況を報告しあう。

 


お会計となった時に友人が支払ってくれたらしいが

 


「領収書ください」

 


と店員さんに伝えたそうだ。

 


もらい慣れてないからか、宛名を聞かれたが答えられずしばらく店員さんとキャッチボールしたのだとか。

 


その親友の恋人は自営業を営んでいる。「接待費用」として経費として計上しておいた方が税金が安くなるので、わかるっちゃわかる。

けど、一気に気持ちが冷めたそう。

 

そりゃそうだ。親友との食事が接待交際費として計上されるのだから。処理できるかは知らんが。

 

 

 

なにより、お祝いやプレゼントは「心遣い」だ。

 


肝心なのはやるからには、相手が主役。

自分がどう思うかじゃなくて、相手がどう思うか。

自分をどう見せるかじゃなくて、相手からどう見えるかということ。

 

 


お祝いじゃなく、たまたま遊んだ流れで行ったご飯屋で今日は私が出すよ!あ、一応領収書!ならまだ救える。

その人がまだ20代前半で経験値少ないとかならまだギリギリわかる。

でも30近い方で、バチバチに準備してプレゼントまであげた上、レストランで食事。

その結果、領収書かつ会計にモタつくと。まぁ親友といえど冷めるな。

ましてや5k~10kくらいの価格なら尚のこと。

 


カッコ悪いことしたと気がついてくれることを祈るばかりだ。

人の関係はそんな些細なことから綻び、親友なんて間柄程、ちょっとした疑念で簡単に決壊する。

 

親友だからこそ、最低限のマナーをね。

 

慣れない力を不意に持つと人はおかしくなるね。

 

 

なんだこの話。

 

 

おわり。

 

 

 

#28 完成・引き渡し

f:id:Dtrrrrrrr:20211019190536j:plain

 

 

9月末、真夏のような炎天下の中引き渡しの日を迎える。

引き渡し前の立ち会い検査で数日前事前の立ち会いでクロスの汚れやTV上のライトの修正を指摘。数日前にも関わらず生産さんの強力なドライブのおかげで大体治っていた。

※クロスは修正のマスキングテープ張りっぱなしの部分もあったが。。

 

セレモニーチックっぽくテープカット。

ついに買ったか・・・あまり実感湧かなかったけど 自分の人生でとうとうこの日が来たか。という感じだ。 競うわけじゃないけど、親父と肩を並べたように感じた瞬間でもあった。親の支援一切無しで家を建てた。ローンという十字架と共に、何もなければ死ぬまで住む家を手に入れたのだ。なんとも言えない高揚感だ。

 

当日は営業さん、生産さん、設計士さん、インテリアコーディネーターさんが集まってくれた。生産さん以外は次の仕事があるとのことで都合1時間程度で束の間の再会。

生産さんが最後まで付きっきりで書類やら設備の使い方やらなんやら説明をしてくれた。 それも1時間程度で終了し、一気に嫁さんと2人大きな家にポツンと取り残された。

 

担当チームは営業さん以外全員女性。やはり珍しいらしい。当然全員集合は今日が初めてでとても華やかな現場となった。個性豊かなタレント達が本当に質の高い仕事をして下さったと感じる。所々での不満は確かにあったけれども、それでも総合点つけろと言われたら最大値をつけてあげたい。

 

大きく採点を引き上げたのは生産さんの存在だ。嫁さんとの相性バッチリ、相談がしやすい非常に感じの良い若い女性の監督さんだったからだ。話を聞くとやはり男性の方が多いらしい。しかしながら現場での気遣いや細かな対応は圧巻の一言。

こうした方がリビングから見た時に良いと思うのですが、余ったクロスで隙間を埋めても良いか?とか。プラスにならないラインでの微修正をかけてくれた。

上述の通り皆さんとても優秀で良い人たちだったが、中でも一番のお気に入りの存在となったのは間違いない。この人担当でなかったら後半もっと焦燥していただろうと本当に思う。何より、当初お願いしていた期日までに間に合わせてくれた。(勿論天候に恵まれたところもあるが)不要なマンションの更新費用15万円を払わなくて良くなったのはマジででかい。

 

まぁ色々書いたが、生産さんの仕事っぷりに「惚れた」に尽きる。結婚してなきゃ出会ってないけど、間違いなく狙ってた。笑

頑張る姿には心を動かされる。思い返してみると今の嫁さんに惚れたのも一生懸命仕事に打ち込むそんな姿を見たからだった気がする。

 

営業さんも約束はできない。(わかるよ)とは言いつつも、いざ始まると「間に合わせるよ!」と旗を振ってくれた。

 

結果ベストスケジュールでの引渡しと引っ越しとなった。

 

 

【タイムスケジュール】

セレモニー 5分

ガス会社立ち会い、申し込み 5分

見学・ワイガヤ 10分

機能・設備説明 15分

書類説明 50分

TTL1時間半程度で引き渡し完了。

 

 

【パーティメンバー】

営業 ねっけつかん

設計士 きれもの

IC  やさしいひと

生産 がんばりや

ドラクエ3 性格一覧より

 

次回以降は

良かったオプション編

外構編

お金、結局なんぼかかったん?編

 

こんなことを書いていくつもり。

 

 

もうちょいつづく。

酒と女には気をつけろ

f:id:Dtrrrrrrr:20211010203241j:image

学生時代のバカな経験の話。新宿でのYOASOBI話を記しておく。

 

すっかり大学1年でギャンブル(パチンコパチスロ、おまけに競馬)、お酒(別カテゴリのバーテン時代の話

大学時代〜#2 ダイニングバー編 - 心配性な外資系営業マンの日誌

 

そしてタバコ。

仕上げに覚えた女遊び。クズの四重奏が揃う。

 

別に一般女性をたぶらかしてという話ではない。お金と対価。需要と供給。求める者と求められる者。オフィシャルにお金払って遊んでた。なんなら健全と言えるのではないか?

 

この日はK君と共通の友達N君とその友達と4人新宿で飲んでいた。いつも通りスロット打って飲んで、酒がまわってきて21時くらいだろうか。よし、ヌキいこう!となった。N君は夜の街未経験ということで渋るが、私が1万貸すと伝えるとすぐにその気になった。さて、店選びだが、新宿未経験。すると1人の若い男性が声かけしてくる。

 

「お店お探しですか?」

 

「おーいいところに。実はかくかくしかじか…」とK君が交渉開始。

 

四人同時、60分箱ヘルで1.5万。交渉で本番。こんな内容だったろうか。

 

前払いで私に払ってくださいと言われ各自支払い。店に案内される。雑居ビルの中に入るとあの雰囲気。N君デビュー戦、さぞかし緊張するだろう。N君に幸あれ。

 

それぞれ個室に通され、ご対面。

 

 

よし、私の相手はレイちゃんアゲインではなかった。第一条件はクリアだ。後はテク。臨戦体制になる。リトルもやる気満々だ。

 

相手も脱ぐのかと思いきや服を身に纏ったまま手だけでの対応。聞いてみると服脱ぐのも、口でするのもプラス料金とのこと。なんだか聞いてる話と違う。いや、込み込みって聞いてたからきたのだが?説明するも拉致があかない。だんだん態度にイラついてきたが、なんでもB地区は口okらしいので、とっとと責めてもらいさっさとスッキリすることにした。

 

 

ことを済ませて外に出る。雑居ビルの入り口に10人くらいの男集団が。

おや?K君?N君もいる。その周りには見知らぬ男達。声を荒げている。穏やかじゃない。

揉めたか?とりあえずどうした?と集団に入る。

 

端的にいうとぼったくられた。という結論だ。

私と同じでボーイから聞いてる話と違う。嬢の態度にイラついてみんな早々に店の外へ出たのだとか。抜かずにね。

 

つまりこの集合体は被害者の会だ。それぞれここにきた経緯とプレイ内容、払った金。そして怒りを演説しあっていたのだ。身も凍える冬の夜。なんとも滑稽だ。

 

私は腹が立ったが、まだ賢者モード継続中だったので怒りはそんなになかった。

 

 

上京する時、無口な親父が珍しく俺に言った言葉。

「酒と女に気をつけろ」

 

 

経験者は語る。親父は正しかった。

 

 

この事故以来、必ず案内所を通して遊ぶようになったことは言うまでもない。

 

慣れない土地でのYOASOBIの際はご注意を。

 

次はハ○バー編

KLC#6 不条理

前回の判定からクリニックへ通い、経過観察を重ねた結果、今回も残念ながら流産の可能性が高いことを告げられる。ふくろの中に赤ちゃんがいない。妻が目を腫らして帰ってくる。背中をさすり抱きしめる。毎回このシチュエーションになる度、胸が締め付けられる。何かできるならしてあげたいが、残念ながら不妊治療に関して男性側が出来ることはほぼない。

なんの嫌がらせだろうか。何か悪いことしたか。涙は出てこない。いい加減神様を恨みたくなる。境の右側では望まれず妊娠、出産。育てるお金もなく、ひどいと捨てられてしまうような命がある。一方で待ち望まれて、環境は整っているのに中々できない。

 

そんな中Yahooニュースでこの記事。本当に胸グソ悪い。

news.yahoo.co.jp

 

本当に不条理だ。

 

 

悲しみよりKLCでもダメなのか。という気持ちの方がどちらかというと強い。まだ2回目。もう2回目。こんなにも上手くいかないものなのかという現実を突き付けられた。次どこに行けばいいんだろうか。続けていればいつかは報われるのだろうか。

 

試行回数というものが少ないという理解はある。こんな時にゲスな例えにはなるが、パチンコ、スロットを嗜む者としては確率との戦いは日常だ。80%を2連で終わらせたり、90% Roop確定のものを1連で終わらせたことがある。

 

90%と言っても10回に1回は失敗する。ハズレを引くのだ。なので、妊娠継続率80%、卵の質良好、年齢問題なし。でも80%を引けなければそれが全て。大きい数字を言われるとついつい期待しがちだが、物理的に当たりの玉が何個入っているかとかは見えるわけじゃない。

 

数字は無機質。希望、絶望を容赦なく突き付けてくる。

幸い新居への引っ越しがある。

妻の気持ちが少しでも良い方向になってくれることを祈る。

 

レイちゃん

ゲスシリーズを書くことにする。時遡ること学生時代の話。男なら必ずどこかで通るであろう夜の街。キャバクラより突っ込ん他だ領域。ピ◯サロ、オ◯パブ、ヘ◯ス、ソ◯プ、ハ◯バー。総称して夜の街。なんだか雑談ネタとしてふと頭に浮かんできた。いかにして知ったのか、どんな出会いが、経験があったのか。少し昔話をしよう。

 

どうやってこの部類の遊びを知ったのか。というところだが、大抵こういう遊びは友人関係に得意なやつがいて、そいつに連れられて行くのがお決まり。もしくは先輩に連れられて、と言うのが常だ。私も例外なく、地元の友人とのピ◯サロがデビューだった。大学でギャンブルを覚え、金の溶かし方を学ぶと次は夜の遊びだ。カスにはカスのルートがあり、大体例外なく同じ順序で色々と娯楽を覚える。

 

大学一年生の夏休みを利用して地元に免許合宿で帰省。高校卒業後は上京で向こうで運転の機会はないが、親が取っておけと通わせてくれた。教習所は同級生で溢れかえってた。講義の休憩時間にタバコ吸っていると、超ハイテンションで声をかけてきた人が。O君だ。中学ではおとなしい方の部類でそんなに仲良くなかったが、悪くもない仲だ。すっかり垢抜けて金髪パーマ、ちょいギャル男となっていた。

どうやらO君も教習に通っていたらしく先日晴れて卒業したそうだ。飯いこうよ!焼肉奢るからさ!と。どうやらパチンコで勝った様子。そうなるとカス同士、理解し合うのに時間はいらない。O君もパチンコやるの!?行こうぜ!とすぐに仲良くなる。

じゃあ飯食う前にもうひと勝負してから行こうか!さらに共通の友達のK君が合流、O君の運転する車で勝負に出た。結果は細かく覚えてないけど、2/3負け。大体ね、複数人でいくとこうなる。当初奢ると言ってたO君が勝ち分全部持っていかれたので、平等に割り勘。そしてピ◯サロ行ったことある?というK君の一言から始まる。どうやらK君とO君はすでにデビューを果たしており、私に一緒に行こうと手招きしてくる。今考えると田舎ってこれしか暇の潰し方がない。パチンコ打って、飯食って、風俗行って、反省会で飲む。このルーティン。幸い東京ではクリーンな遊びをするやつと連むことが多く、夜の街へはあまり駆け出していなかった。金払って抜く感覚を知らなかったので、だったらナンパすりゃいいじゃんと言いたいところだが、田舎なもので、大体車移動。出会う場所なし。

 

今でも忘れない。ルー○ソックスというお店でデビューした。おすすめの嬢の話で向かう道中盛り上がった。

「レイちゃん」なんとも特徴的な名前だ。私は当時エヴァまごを打ちまくっていた。あのレイちゃん。綾波レイのイメージが勝手にわく。青髪で細くて物静かな美少女だ。O君いわく、レイちゃんに一度当たっておけ。とのこと。本当は指名料渡してでも当たって欲しいと言っていたが、金がない学生軍団だったので、全員フリーで入った。路地から一本入り込んだ雑居ビル。薄暗い店内、爆音で流れるLOVE&JOY。ワンフロアにボックスの部屋が多数あり、壁一枚隔てて別れているだけで天井はなく繋がってる。メンズは部屋というかボックス席に案内され、その後アナウンスだけが聞こえる。◯◯ちゃん◯◯ちゃん△番ボックスへお願いしまぁーす。とパチ屋のマイクパフォーマンスのようなダンディな声が響き渡り、その後女の子が部屋にくる。この待っている間のドキドキはパチンコ屋の開店前の並びのそれと全く同じであった。カス心をくすぐる。

順番に私と友達のボックスの番号と女の子の名前が呼ばれる。斜め向かいからこんばんは〜と細めの女の子が友達のところに入ってく。おお。キタキタァ!!

そしていよいよ私の番号。私ははっきり聞こえた。レイちゃん、レイちゃん、○番ボックスお願いします。ん?俺んところだ!なんと噂のレイちゃんを最初に引き当てた。

初めてのピ◯サロ、地元のヨアソビ。O君推しの嬢!さあカモン。高鳴る鼓動、にやける顔。

 

 

「こんばんわ〜。」

 

 

そこにあわられたののが人なのかどうなのか。はたまたオスかメスか。認識するまでかなりの時間を要した。牛だ。縦にも横にもでかい牛が二足歩行で立っていて、私のボックスに入ろうと迫ってくる。

 

「レイで〜す」

 

 

まじか。

 

私の倍はあるであろう巨体。時間もないことから世間話もそうそうに急に下着になり迫ってくる。いやまじでなんこれ嘘だろこいつにしゃぶられるのかクソあいつはめやがったかまじでこれやられるのいやいやいやいや。。と死ぬ直前のそれが如く脳内はフル回転。危機的状況を逃れようと息子は空気を読んで萎んだ。そんな私にレイちゃんからの提案があった。オプションだ。Dキス、ゴ◯なし、ご◯くん、指入れ、ク◯ニ。そこには悪魔のような選択肢が並んでいた。いやいらねえなんでやねんむしろこっちが金払って欲しいわちくしょうやっぱりこれは洗礼だったか。と思考がぐるぐる駆け巡った結果、私が出した結論は。

 

 

指入れ追加で。

 

 

こうなったらネタ作ってやる。営業魂に火がついた。この頃は営業じゃないけど。多分アナウンスの時点で友達二人は爆笑だろう。そしてオプション追加なんて初心者がすると思わないだろう。プライベートでは済ませているので、DTではなかった。それなりにモテてたので女性経験としてはある方だった。

流石にク◯ニは罰ゲームがすぎると思い、指入れをセレクト。69体制になり私は牛との、いやレイちゃんとの異種格闘技戦にのぞんだ。肝心の内容だが、ウイイレ的にいうとテクニックにパラメータ全振りしている。半端じゃなかった。顔さえ見えなければどうっていうことはない。息子はみるみる活力を取り戻す。正直当時の彼女は上手ではなかったので実力の差は雲泥のものだ。そうか、O君はこれを経験させたかったのか・・・。と目の前に広がる魔界の入り口を見ながら昇天。私の夜の街筆おろしは幕を閉じた。その後私はいつもの倍以上かけて丹念に指を洗いアルコール除菌した。

 

感想をO君とK君に伝えると「でしょ!?」と嬉しそーだ。テクは凄いんだよ!!と。

※二人は当たりの嬢だったらしくご機嫌だ。

 

パチンコもそうだが、こういうドキドキを共にすると、カス同士ますます仲良くなり、もっとのめり込んでいくのだ。O君とはそれ以降合わなくなってしまったが、K君とはまだまだ繋がっている。この後私のYOASOBI専属の戦友となることは言うまでもない。被害者っぽく書いているが、こういうふざけた遊びができる友達はかなり重要だと思う。

社会勉強だよ、何事も。

 

次回からは東京編。新宿池袋編。

金と女には気をつけろ。

 

何書いてるんだろう。